韓国クリスチャントゥデイ紙が、クリスチャントゥデイ異端捏造事件を韓国で主導し、記者会見で偽証を行わせた崔三卿牧師に対して出された韓国イエス青年会の声明を報道しました。以下にその記事の翻訳を掲載します。原文は「예수청년회 “삼신론자 최삼경은 한기총을 떠나라” 주장 ― 최삼경 목사 주도 기자회견에 즉각 반발하고 법적대응 천명」です。

イエス青年会声明を発表、「三神論者の崔三卿はCCKから離れよ」
崔三卿牧師主導の記者会見に対し直ちに反発 法的対応を表明

崔三卿牧師が11日、自分と結託した三角構図の言論を巻き込んで張在亨牧師を誹謗する記者会見を開いたことに対し、韓国イエス青年会(=YD)が直ちに記者会見を開き反駁声明を発表し強く対応した。

韓国YDは崔牧師が主導したこの日の記者会見が張在亨牧師だけでなく、張牧師が設立した韓国YDに対しても顕著な名誉毀損行為であったと判断し、この声明を発表した。韓国YDはこれからこの問題に対して徹底した法的対応をもって是々非々の立場ではっきりしていくことを示唆した。次は11日に韓国YDが発表した声明の全文。

三神論者の崔三卿はCCKから離れよ!

崔三卿牧師はそのグループと共に本日(11日)午後突然に記者会見を開き、事実確認すら行なわれていない資料と証言に基づいて当宣教会と当宣教会の設立者である張在亨牧師に対し異端嫌疑を被らせようとしたが、当宣教会はこうした異端捏造行為に対して怒りを禁じえないところである。

特に崔三卿牧師とそのグループはこの過程において当宣教会と張在亨牧師の健全な信仰告白と会員全体の一貫した諸証言は徹底して無視したまま、証人を懐柔および洗脳して、権限の濫用し、似非メディアを通した扇動などを続けるなどありとあらゆる稚拙な言動を見せてきた。これは客観性と公正性とはかけ離れたものであり、徹底した政治的な秘密裏の抹殺を彷彿させるものである。従って、当宣教会はこうした宗教マフィア的集団が韓国教会を代表する機関である韓国基督教総連合会(=CCK)の肩書きを濫用していることを糾弾し、CCKがこの者たちを放逐するよう強く主張する。

1.一方的異端狩り 座視して見過ごすわけにはいかない

当宣教会はこれまで当宣教会に対する奇怪で想像つかないほどに悪質なあらゆる妨害を受けてきたにもかかわらず、これに対して誠実に解明し証拠資料を提示してきた。しかし、崔三卿牧師とそのグループは中国の嫌韓派牧師らと共同してこれをごまかし、張在亨牧師を再臨主として信じているとの荒唐無稽な嫌疑を被らせてきた。この過程で彼らは当宣教会のすべての主張を徹底として黙殺し、ついには本日の記者会見まで当方には何ら事前公式通報もなく徒党だけを秘密に呼び集め、いかさまを行なうまでに至った。

2.崔三卿牧師は宗教マフィア的工作行為を中止せよ

崔三卿牧師はCCK異端相談所長という肩書きを濫用して、あたかも韓国教会を代表するCCKが当宣教会およびその設立者である張在亨牧師に対し公式調査をするかのように世論を扇動してきた。特に今日記者会見を主導した崔三卿牧師、ジン・ヨンシク牧師、朴ヒョンテク牧師などは数ヶ月前に香港を訪問し、自分たちと癒着関係にある言論らを呼び集め物議をかもした。崔牧師グループは当時の日程が非公式であったにもかかわらず、あたかもCCKの公式調査であるかのような印象を付け、これまで当宣教会の設立者に対する妨害を常習的に繰り返してきた韓国ニュースNジョイ、米国クリスチャントゥデイ、豪州クリスチャンリビューの関係者らと共謀し、中国YDに対する調査を進めた。

3.三神論者の崔三卿はCCKから離れよ!

こうした非道徳的異端捏造行為を繰り返してきた崔三卿牧師本人の前歴をに関して、私たちは失笑を禁じえない。崔三卿牧師はいわゆる三神論異端思想により某教団から異端性規定処分を受けるなど韓国教会で大きな物議をかもしたことがある。自分こそこれほど明確な異端嫌疑にかけられているにもかかわらず、崔牧師はCCKの権威を巧妙に濫用して無分別な異端狩りを続けてきた。

4.強力な法的対応を表明する。

当宣教会は崔三卿牧師グループが韓国教会に「百害あって一利なし」であり癌的要素であると判断し、CCKが勇決を下してこうした宗教マフィア的集団を追い出すことを強力に促す。また、当宣教会はこれまでこうしたテロなみの異端捏造行為を行なってきたことに対し、キリストの愛の精神で赦し忍耐し続けてきたが、崔三卿牧師グループによる常習的な証人洗脳、権限濫用、似非メディアを通した扇動行為などは、これ以上放置できない域に達している。従って、当宣教会はこれからこの問題に対して徹底した法的対応をもって是々非々の立場で明らかにしていくことをこの場で表明する。(イザヤ書58:12)